潤いを保つためには

便利な知識

赤ん坊

赤ちゃんの肌は大人と比べてとても乾燥しやすくダメージを吸収しやすいようにできています。しっかりと潤いを保てていないと、これが原因で肌が荒れてしまったり、痒くなってしまいます。赤ちゃんの肌が乾燥してしまうことを未然に防ぐには、まず毎日クリームなどを塗り、保湿してあげることが大事です。そうすることで肌の水分が逃げることなく肌が荒れてしまうことを防ぐことができます。また皮膚を清潔に保つことも乾燥を防ぐという意味ではとても大切で、お風呂などでは刺激の少ないもので優しくなでるように洗ってあげることでいつでも清潔に肌を保つことができます。これにより肌あれや、痒みなどを防止することができます。できるだけ水分をたくさん取り入れることも大事です。

肌の特徴

赤ちゃんの肌は大人に比べて、繊維や細胞すべてが未熟です。ですから大人の数倍もの汗をかくといわれています。大人よりも女性よりもデリケートな肌なのでいつでも清潔を保つことが重要になってきます。またバリア機能が未熟な赤ちゃんは少しの刺激でも痒みや痛み、炎症などを起こしてしまうことがあります。これはダメージを吸収しやすいからです。これにより乾燥肌になってしまったり、アトピーになってしまったりと、赤ちゃんには辛いことですので、できるだけ早くケアし、毎日肌を清潔に保つことが大事です。だからといって家の中にずっといるということは免疫がつくられないので、逆にずっと弱いままの皮膚、体になってしまうことがあるので注意が必要です。

発疹はなぜできるかのか

赤ん坊

乳児湿疹の原因には様々なものがあり、その原因を突き止めて、体に合わないものを見つけることが、乳児湿疹を治すうえで一番大事になってきます。原因がどうしてもわからない場合には専門の知識を持った人に相談することが大事です。

Read more...

様々な対策商品があります

赤ん坊

赤ちゃんの肌はとても敏感ですから、乾燥状態が続いてしまうと乾燥肌になってしまいます。乾燥肌を防ぐにはベビーローションを塗ってあげる事や、加湿器などを利用する事が重要です。様々な商品がありますから、自分達に合った商品を購入しましょう。

Read more...